自転車パーツの海外通販情報局

CRCが販売している格安ホイールブランドPRIMEのカーボンクリンチャーホイールPrime RP-38が1360gと軽量で10万円ちょっとと安いのでレビューするよ

1360gで10万円!Prime RP-38カーボンクリンチャーホイールのレビュー

先日僕は書きました「軽さは正義ではない」と。
そんな舌の根も乾かぬうちに言うのも何ですが、やっぱり軽いホイールもいいですね(笑)

ってことで、我が愛車のホイールをCRCから新しく登場したオリジナルブランドPRIMEのホイールに換装しました。そこそこ走って感じがわかってきたのでどんな塩梅かレビューしたいと思います。

PRIMEはCRCが今年から売り始めているオリジナルブランド。
WiggleがやっているオリジナルブランドのCOSINEに対抗している感じで、アルミからカーボンまでなかなかコスパの高い商品を揃えています。

商品ラインナップがちょっとわかりにくいので最初に。
PRIMEのホイールはコスパ追求型の「RRシリーズ」とパフォマンス追求型の「RP」シリーズの2種類があります。RとPが1文字だけ違うだけと商品名が非常にわかりにくいですが、似たような名前でもスペックが違うので要注意。

で、今回僕がゲットしたのはコチラ

オールラウンドで使いやすいリムハイト38mmのカーボンクリンチャーホイール。

38mmだと浅いかなと思ったのですが、25Cタイヤのボリューム感も相まってつけたらなかなかディープな感じでカッコいいじゃないか!

コチラが届いた時の様子。
Primeのロゴ入りの箱に入っています。

僕が住んでいる香港はとにかく運送会社がだめなのですが、箱に大きな破損もなく無事に届いた模様です。

ホイールが2本、きれいに収まっています。

箱から出してみたところ。
リムハイト38mmはホイール単体で見ると、それほど深く見えませんね。

付属品。
スキュワーと予備のスポーク、カーボンリム用のブレーキシュー、バルブエクステンダー、チューブレス用バルブとカーボンリムを初めて使う場合でも困らない内容になっています。

カーボンの表面はなかなかきれいに仕上がっています。
安価な海外ブランをを買うとこの辺がダメでがっかりするのですが、PRIMEはこのへんきっちり仕上げてきてますね~

スポークはエアロスポークになっています。

ハブは聞いたことないブランドですがスペックシートによるとベアリングは日本製を使っているとのこと。

実際、このベアリングがなかなか良く回ります。
特にフロント側は抵抗なくスルスルッと回る感じで日本製ベアリングバンザイ!ってな感じです

PRIME RP-38の公称重量は1360g。
同じようなスペックで比較すると、カンパのBora One 35クリンチャーが1408g、フルクラムのレーシング クアトロカーボンが1605g、 3TのOrbis II C35 Teamが1442g、マヴィックのコスミックカーボン40が1540g、FFWDのF4Rが1685gなので、かなり軽量なホイールになっています。

この軽さで値段は上記他モデルより圧倒的に安い101,013円。
コレはかなりコスパが高いといえます。

ちなみに、同じモデルのチューブラーは公称値で1210gとヤバイくらい軽いです。

で、実測ですが、フロントは612g

リアが799g

合計すると1411gとなり公称値より重いですが、50gくらいの誤差はよくあることなので許容範囲ではないかと。むしろ実測でこの軽さ、そして10万円ちょっとというお値段はかなり魅力的。

付属するスキュアーもなかなか軽量。
チタンレベルとまでは行きませんが、アルミ製スキュアーとしては最軽量レベルの71g。地味に細かいところも優秀。

ってことで、早速取り付けていきましょう。
ホイール交換の方法は別の記事で紹介しているので興味のある方は以下の記事をご参照ください。

さらに今回はフルカーボンホイールなのでブレーキパッドも交換します。
PRIME RP-38には専用のブレーキパッドが付属しているので、それに交換します。

交換の方法は簡単です。
もともとついているブレーキシューの外側にあるネジを緩めると後ろ側にするっと抜き取ることができるので、あとは新しいシューを入れてネジを締めればOK。

ただし、ホイールを取り付けてみて、ホイールのブレーキ面とブレーキシューの高さが有っていない場合にはシューの高さ調整も必要なので、ホイールを取り付けたら必ず確認してください。

で、取り付けたらこんな感じ。
うむ、かなりかっこいいぞ。

Prime RP-38 Carbon Clincher Road Wheelsetの感想

まず、言えることは軽さはやっぱり正義だということ(笑)
以前使っていたPro-Lite Bortola A21と比較すると実測で150gくらい軽量化されたわけですが、この150gのお陰でもう別次元の走り心地です。

なんというか、ストレス無くスルッと加速。
上りもスルスルっと登っていく感じです。

先日、台湾で感動したPro-Lite Paulaは圧倒的な高剛性でグイグイ来る感じでしたが、Prime RP-38はその軽さとなめらかなベアリングの回転で「え、もうこんな速度に?」「え?この坂こんなに緩かったっけ?」と拍子抜けする感じというべきでしょうか

我が香港の田舎にはかなり無慈悲な斜度の坂が多く、いつもハーハーゼーゼーいっている僕ですがPrime RP-38に変えたらコレがスルスル登ること登ること。

コレが軽量ホイールの実力か!

なるほどそりゃヒルクライムとかやるなら軽量ホイールにこだわる気持ちも理解できるわ~。ホイール一つでこんなに楽になったら、そりゃ高いホイールも買いたくなりますよね(笑)

途中にも書いたとおりPrime RP-38は実測で1411gと他社の高級ホイール人らべてもかなり軽い部類に入ります。国内で買ったらそれこそ20万くらいするホイールと肩を並べるスペックが10万円で買えるというのはコスパかなり高め。

フルカーボンホイールということでブレーキの効きを若干心配していたのですが、たしかにアルミリムとは感じが異なりジワっと効く感じですが制動力自体に問題はありません。

お膝元イギリスでも登場早々雑誌などで高評価をゲットしているようですし、ご予算控えめで軽量ホイールをゲットしたい方は選択肢の中に加えてみても良いと思いますよ。

同じカテゴリの前後記事
この記事へのコメント(2件) |コメント入力欄へ

こんばんは、軽量ホイールは後輪が命!というわけでdt-swiss-rrc-32-di-cut-clincher-rear↓をオーダーしました。
http://www.chainreactioncycles.com/jp/ja/dt-swiss-rrc-32-di-cut-clincher-rear-wheel-2015/rp-prod81803
カーボンクリンチャー後輪750gは優秀なスペックです☆

>Tontoさん
コレまたナイスなスペックですね!
DTSWISSは日本で殆ど売ってないけど結構面白いスペックなんだよなぁ~

コメント入力欄

この記事に関するコメント、追加情報があれば教えて下さい♪
また、ご質問等もいただければ管理人が分かる範囲でお答えします。

コメントは承認制となっており管理人が確認後に公開されます。
申し訳ありませんが管理人が不適切と思うコメントについては削除させていただくこともありますのでご了承くださいませ。